5月24日~5月30日 岐阜の町・隣町・そら豆

5/24 月曜日

曇りのち雨で涼しい。ストリクタの花が咲いた。青みがかったピンクに薄い紫色の取り合わせがいい。

 

5/25 火曜日

昼まで甲山の麓を散歩する。毛虫のピークは過ぎたようだが、葉っぱの裏とかにむっちゃでかくなったやつがいるので要注意だ。

午後道の駅しらとりへ。あぶらかす入りの釜玉うどんが久しぶりに食べたくなったのだ。帰りにあぶらかすを買いたかったが見つからなかった。併設の直売所でなす、そら豆、卵を購入。ここは平日でもかなり混んでいる。物販の取り揃えがいいので近くの人がスーパー感覚で来ているのかも知れない。

帰り湾岸線の中島PAに寄って海と舞洲のゴミ工場を見た。展望テラスに出ると風が強い。海の匂いをかぐのはすごく久しぶりだと思った。

f:id:moesakurai:20210530095658j:image

 

5/26 水曜日

エクセルの復習を少しやる。

夜レッスン。今日は皆既月食なので終了後すぐに外に出て夜空を見上げたが曇っていて見えなかった。

 

5/27 木曜日

どうしてもどこかに泊まりたくなり、岐阜のドーミーインへ。なぜ岐阜かというとどうせ泊まるならドーミーインで風呂入りまくってゆっくりしたいな、ということがまずあり、ではどこのドーミーインにしようか考えたときにあまり遠くじゃない方がいいと思ったのと岐阜には18きっぷでしか行ったことがないので車だとどんな距離感なのか体験してみたかったからだ。

大雨の中名神を走る。多賀を過ぎたあたりから雨脚が弱くなり、岐阜県に入る頃にはほぼ止む。

15時にチェックインして速攻で風呂。誰もいない風呂に一番乗りだ。サウナ3セット。外気浴がないのが惜しい。

夕飯を求めて外に出るが岐阜も居酒屋は閉まってたり酒を出してなかったりでつまらない。回転ずし屋の持ち帰りセットとコンビニでビールを買って帰って部屋で持ってきた本を読みながら晩酌。お寿司は美味しかったが御飯がごっつくてお腹いっぱいになった。

食後うたた寝して気づけば24時前。しまった。夜鳴きそばをもらいそこねてしまった。仕方ないので再度風呂へ。サウナ軽く1セット。水風呂にいつもより長時間入ってみたら冷たさが圧を持って押し寄せる感覚になった。

 

 

5/28 金曜日

朝7時に起きて風呂。だるくなるとアレなのでサウナは1セットのみ。

11時ギリギリにチェックアウト(部屋の時計が10分遅れていた)して岐阜の町を散歩。駅前に立派なタワーマンションが建っているが最上階からはアルプスとか見えるのだろうか?金がおもくそあったら拠点として一室ほしいかも。でもタワマンで毎日暮らすのはいやだ。エレベーターが嫌いだからだ。

柳ケ瀬をぶらぶらして、街を抜けて長良川まで歩く。橋の上から川や岐阜城を眺める。西に大きな山が見える。山座同定アプリで答え合わせしたらやはり伊吹山だった。

f:id:moesakurai:20210530095752j:image

街に戻って大正時代からのレシピを守り続けていることで有名な丸デブラーメンへ。昼時なのに行列ができていないので気づかず通り過ぎてしまいそうになる。今日は中華そばではなくワンタンを頂く。ワンタン麺ではない、純粋なるワンタンだ。ヒラヒラ、ピロピロのワンタンが器一杯に入っている。漢字だと雲呑と書くが、なるほどなんだか浮世離れしたような食べ物だ。

ここのは中華そばもそうだけど一口目で美味しい!とは決して思わない。それは決して味が悪いのではなく我々が食べている現代のラーメン類とはあまりに作りが違い過ぎるからだ。でも半分くらい食べたときには素朴な味の虜になっている自分に気づく。そしてあっさりスープを飲み干す頃にはきっとまた食べに来ようと固く心に誓うことになる。ここの料理はレトロとかノスタルジックなんてもんじゃない、食べるタイムマシンなのだ。

f:id:moesakurai:20210530095732j:image

14時頃に岐阜を後にして、竜王で降りて鏡神社に寄り道。このあたりは蒲生野といって宝塚歌劇の不朽の名作である「あかねさす紫の花」の舞台であるので、作品中に出てくる鏡を祀る神社と何かかかわりが在るのではと思ったのだ。「あかねさす・・」との関連性はわからなかったが深閑とした心落ち着く神社だった。すぐそばの道の駅でそら豆とあわび茸購入。そういえば岐阜では土産類を何も買わなかった。漬物ステーキ買っておきたかったな・・・。

帰宅後、返す刀でレッスン。

 

5/29 土曜日

久しぶりに町散歩がしたくなる。176号線を三田方面へ。陽射しが強くなってきているが風はまだまだ涼しい。はっぴぃえんどの「風街ろまん」を聴きながら歩く。夏の陽射しと風を感じる音楽だ。

国道から外れたりまた戻ったりしながら進む。名塩の旧道沿いはひっそりとしている。どこに行っても旧市街地、というのに惹かれがちだ。名塩を越えて、ファミマで缶ビール買って小休止。夏の散歩にはやはり缶ビールでしょう。

f:id:moesakurai:20210530095834j:image

f:id:moesakurai:20210530095848j:image

名塩赤坂から北六甲台につながる道を歩き、ほうれんそうで昼食。鶏の濃いスープのラーメンはお気に入りだ。

へたった靴のせいか足が痛くなってきたので休憩しながら歩く。三田市に入る手前の喫茶店で大休止。アイスレモンティー飲みながら本と漫画アプリ読む。

回復して三田市に突入。今日はニュータウン気分じゃない。ここでも旧市街地の古い町並みや商店の間を縫うように歩き、細い路地を抜けて唐突に武庫川沿いに出て堤防に座ってぼんやり。

新三田まで歩いて電車で帰宅。

昨日のそら豆を塩茹でにして食べる。そら豆は莢ごと焼いたり醤油で炒ったりといろんな食べ方があるが塩茹でが一番好きだ。分厚い莢を割って豆を取り出す作業がまず楽しい。青臭くて固い莢の裏の白いフカフカに包まれた、肥った豆の形状も好きだ。沸騰した湯に豆を放り込まれた豆が対流に翻弄されながらタンパク質を変化させるのを眺め、ざるに空けて湯気の匂いを吸い込む瞬間がまたたまらない。

 

5/30 日曜日

昨日アスファルトの上を歩きすぎて足の裏に水膨れができたので大人しく養生。

エクセルの復習などする。